寺院興隆の切り札 それは退職金制度です。

よくご住職様に退職金制度の有無をお尋ねすると、本山から500万円支給されるなどの回答があります。これは実は弔慰金であり、退職金ではありません。つまり本山、教務所等からの弔慰金制度はあっても、退職金制度を用意しているお寺はほぼ皆無なのです。退職金制度は、宗派の規定とは関係なく、寺院単位で独自に作成できます。寺院規則を改定する必要もありません。私たちは貴寺の状況に合わせてオーダーメードの退職金制度をご提案させていただきます。

お寺の退職金

私たちがお届けする、
退職金制度サービスについて

退職金規定及び議事録の作成
規定が無ければ退職慰労金も
死亡退職金も課税されます。

+

退職金原資である生命保険を作る
当該宗教法人を契約者とした生命保険を用意
貯蓄性が高く、掛け捨ては一切ありません。

私たちのご提案させて頂く、退職金サービスは基本的に生命保険を取り扱いしておりません。現状の生命保険が適切であれば、その生命保険を使用します。適切でない場合は宗教法人を専門とした保険外交員をご紹介致します。

住職アイコン

こんなお悩みがある方に。

  • 本山から給付される弔慰金だけでは将来が不安・・・
  • 退任時の生活に備えてまとまった退職金を貰いたい・・・
  • 掛け捨てでは無く完璧に給付される安心できる退職金制度が欲しい・・・
  • 退職金について檀家や総代などから理解を貰いたい・・・
  • 節税できて税務署にも指摘されない退職金を作りたい・・・

退職金採用4つのメリット

会計上の内部留保金が増える寺院経営の健全化がはかれます!
退職金所得により控除額が大幅に大きく、資産運用の効果が絶大!
本山の檀信徒も関与しない為、住職が独自に決定可能!
住職(代表役員)の判断で金額も退任時期を決められる!

退職金制度の作成手順

住職アイコン
  • 1.お問合せ・ご面談

    直接面談にてご説明し、意向に沿った規定・議事録を製作します。

  • 2.保険外交員と面談

    退職金の意向に合わせて専門の保険外交員をご紹介します。

  • 3.生命保険のご契約

    現状で意向に合う場合はその保険を採用します。

  • 4.制度導入完了

    意向と詳細をしっかりと確認し作業完了となります。以降の課金は不要

寺院のお悩み退職金の事なら
安心と実績のTERA-SUPPORTへ。

僧侶だからわかるお寺のサポート支援寺業をご提案。
日本全国北から南まで何処でもご相談くださいませ。

  • 寺院退職金
    ご相談・お見積り
  • 新規寺業
    ご相談・お見積り
  • 墓地規約
    ご相談

ご相談は無料です。
お気軽にお電話ください!

0799-70-4550

受付時間 9:00 ~ 20:00|日曜定休